黒猫館の殺人を読み直して

日本のミステリ界で名前を轟かせている作家、綾辻行人さんの代表作が「館シリーズ」です。その中でも私が好きなのが、『黒猫館の殺人』です。殺人事件の犯人を割り出すのももちろん大きな謎ですが、その前に、殺人が起こった場所がどこであるのか、を探し出すというのが斬新な謎であると思っています。

事故で記憶喪失になった鮎田老人がかつて書いた手記をもとにして、推理作家の鹿谷門実と旧知の編集者である河南孝明が事件に挑んでいきます。舞台となる「黒猫館」を立てたのは、因縁深い中村青司という、シリーズの読者にはおなじみの設定です。

読み返してみて思うのは、伏線の張り方が実に見事だな、ということです。細かいところにまでいくつもの「妙な箇所」が用意されているのですが、何気なく読んでみると気づくことなく読み飛ばしてしまいがちです。料理の献立だったり、何気ない雑談だったり、さまざまなところにさりげなく鍵が用意されているのです。そしてその書き方に気づいて初めて、密室殺人の謎も解けるようになっている、という何段構えもの構成になっているのです。

作者は『巨人の星』の消える魔球を引き合いに出していますが、それが何段階もの過程を経て成立しているかのように、いくつかのプロセスを経て、たどり着いた真相はまさに予想を裏切られると思います。

そして一度読んでみて思うのは、クィーンのかの名作へのオマージュの気持ちです。その作品ももう一度読み返してみたくなってしまいます。