千年女優

千年女優とは、2002年に公開された故・今敏氏によって製作されたアニメ映画です。

 物語はある時、芸能界を突然引退し、山奥にある家でひっそりと暮らす元「銀映」所属女優の主人公の元へ、ファンであるという映像会社社長とその部下であるカメラマンが訪ねるところから始まります。主人公は社長より手渡された鍵をきっかけに、彼らを巻き込んだ壮大な追想の旅に出ることになります。音楽は平沢進氏が担当しています。

 私がこの映画を知ったのは、大の映画好きで知られる江頭2:50氏が推していたことからでした。映画に詳しい彼が推すのだからこれは期待できると思い、早速DVDを借りて視聴することにしました。

 序盤、複雑に絡み合った時間軸にあっけに取られてしまいました。現代の時間軸に主人公の若い頃の時間軸が組み込まれたり、いつの間にか昔の映画の世界に現代の社長が参入していたりと過去と現代が様々に錯綜していました(後に調べたらこの物語構造は入れ子構造と呼ばれるのだそうです)。かといって、物語の一連の流れは崩しておらず、分かりにくいという印象は受けませんでした。

 物語の中盤から終盤にかけ、錯綜した時間軸から次第に真実が浮き彫りになり、涙無しでは鑑賞出来ませんでした。また、平沢氏のBGMも映画の華やかで、儚い世界観を盛り立てています。最後のロタティオンは正にこの映画のための曲です。私は初鑑賞から飽きることなく、返却期限まで暇さえあれば何度も視聴していました。

 映画を見終えてしばらくの間、主人公が映画の最後に発した言葉が頭から離れませんでした。その真意を自分で考察していくうちに、主人公の女優としての品格やプライドといったものが何となく理解できたような気がしました。このように、見る人に考察の余地を与えるのも今氏の作品の魅力の一つであるといえます。

 何らかの目的を伴って意中の人を追いかけた経験のある人は千年女優、必見です。